曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)

曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)
たのしみ法話
たのしみ法話

「愛別離苦」後悔をしない為に []

三重 三光寺 佐野隆史 師 

 皆さんには、家族や友人、または飼っているペットなど、愛する人・大好きな人・大切な人・かけがえのない存在はいますか。そういった人達や存在と、生別、または死別する苦しみの事を、「愛別離苦」といいます。お話を聞いて下さっている方の中にも、この「愛別離苦」を経験した方がいるのではないでしょうか。
 私も大学三年生の時に、大好きな祖母を病気で亡くしました。突然の事だったので非常に辛く、そして、非常に悲しかったことを覚えています。それと共に、もっと話したかった、恩返しができなかったと、後悔の思いが出てきました。後悔の思いは、私の心をより一層辛く悲しいものにしました。
 「愛別離苦」は、避けることはできません。ですが、後悔を残さないようにして、苦しみを少しでも和らげることはできます。
 では、後悔を残さないためには、どうしたらいいのでしょうか。皆さんの普段の生活を思い返してみてください。例えば、大切な人に対して、感謝の気持ちは伝えていますか。少しの事で喧嘩していませんか。もし、感謝の気持ちが伝えられないまま、大切な人が死んでしまったらどうでしょうか。もし、最後に交わした言葉が相手を傷つける言葉だったらどうでしょうか。すごく後悔しますよね。そして、すごく辛いですよね。何回でも、感謝の気持ちを伝えましょう。喧嘩をしても、すぐに仲直りしましょう。そうすることで、後悔はなくなるのではないでしょうか。さらに、お互いが明るく笑顔の絶えない、心豊かな素敵な生活を送ることができるでしょう。

| top | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 次のお言葉 | 65 |