曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)

曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)
たのしみ法話
たのしみ法話

花のような心 []

静岡 長命寺 住職 加藤高敏 老師 

皆さんは、お墓や仏壇に花をお供えすると思います。花を供えるということは、仏様を立派に飾るという意味があります。沢山の飾られた花は、仏様から私達に向けられた「慈悲」の表れでもあります。
 しかし、花を供えるということは、それだけではありません。花は、私達の心の姿を表しているとも言われています。
 皆さんは、お墓や仏壇に、いつも綺麗な花が供えられていますか?どの位の頻度で、花を交換していますか?
花は、ほおっておいたら枯れてしまいます。いつも綺麗な花を飾って下さい。いつも綺麗な花を飾るのは、「大変だ」と思う方もいるかと思います。しかし、いつも綺麗な花を仏様に供えている人もいます。いつも綺麗な花を仏様に供えられている人は、常に仏様と生き、仏様のことを思っている証拠です。いつも綺麗な花を供えられる人の心は、花のように清らかであると言えます。
 それとは逆に、花が枯れていても、全く気にせず、そのままにしておける人もいます。そのような人の心は、枯れた花のように枯れてしまっていると言えます。仏様と一緒に生きられていない証拠です。
 花を供えることは、心を磨く修行の一つです。それぞれ事情があって、中々花を交換に行けない人もいるかと思います。そのような方でも、時間のある時は、花を交換に行きましょう。
仏様に花を供えることを通して、自分の心を磨き、花のような綺麗で清らかな心を育てていきましょう。

| top | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 次のお言葉 |