曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)

曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)
たのしみ法話
たのしみ法話

いまを大切に []

岐阜 佛徳寺 副住職 佐々繁樹 師 

皆さんは普段どこを見て生活していますか?
昨日の出来事を思い返していますか?
明日の事を考えていますか?
将来の事を考えて過ごしていますか?
お釈迦様の言葉に
過ぎ去った日のことは悔いず、まだ来ない未来にはあこがれず、
とりこし苦労をせず、現在を大切にふみしめていけば
身も心も健やかになる
という言葉があります。
人生には何が起こるかわかりません。
今日は元気でも、ある日突然病気になったり、交通事故にあったり、
明日死ぬということも全くないとは言えません。
不運や災難はどこで待ち受けているかわかりません。
しかし、私たちはそれに気づくことも、予知することもできないのです。
ただわかっていることは、人間の命ははかないということです。
だからこそ、「いま」何が大切なのかを知り、判断しなければいけません。
過去の事をいつまでも悔やんでいてもむなしいだけです。
未来の事ばかり夢見て考えたり、明日の心配ばかりしているのも
しょうがないことだということです。
過去や未来よりも、今、この時がどうあるべきかが重要なのです。
だから、今まさになすべきことを熱心にしなさいと教えているのです。
「いまを大切に」生きるということは未来を大切に生きるということです。
「いまを大切に」生きているということは過去を大切に生きてきたということです。
未来というのは過去の積み重ねです。
いまを積み重ねていくことが未来へ続いていくのです
「いまを大切に」し、一歩一歩進んでいくことが過去も未来も大切にすることであり
人生を豊かにするコツだと思います
皆さんも、「いまを大切に」

| top | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 次のお言葉 |