曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)

曹洞宗 東海管区 教化センター(禅センター)
たのしみ法話
たのしみ法話

一歩踏み出してみる []

静岡 増福寺 澤田俊憲 師 

多くの人は自分の人生を楽しく健やかに過ごしていきたいと考えている事でしょう。しかし人生は平坦な道ばかりではありません。様々な障壁が現れ、立ち向かい乗り越えて進んでいきます。
スポーツでうまくいかなかったこと。友達と些細なことでケンカして思い悩むこと。愛する人を亡くした悲しみ。
それは仕方のないことだと思います。
人々の迷いや悩みには限りがないとお釈迦さまも申しております。
時に簡単には乗り越えることのできない大きな壁にぶつかることもあるでしょう。そんな時、深く悩んでしまうことがあると思います。
そして歩みを進めることができなくなってしまうこともあるかもしれません。
そんな時は自分の中で必ずできる目標を立てましょう。ほんの些細な目標でもいいのです。
そしてその目標を書き出してみましょう。
フルマラソンを走ろうと目標を立てた人が次の日マラソンを完走できるはずもありません。少しづつコツコツと距離を伸ばし。一歩一歩歩みを進め、目標へと進むのだと思います。
新しく大きな家を建てたいと思っても明日家が建つはずもありません。
お金を貯めて基を築き、最終的に立派な家が建つのでしょう。
背伸びした目標ではつまずいてしまいますし、書くことにより目標の「可視化、見える化」ができて、この目標はより明確になり、その目標に対して自分はどのようなことをしなければいけないのか分析をするようになるでしょう。その道に詳しい人、又は書物や映画などに教えを乞うこともいいでしょう。そうすれば何より気持ちが前を向いてくるはずです。
その目標に少しづつでも向かって歩みを続けていれば振り返ってみたときに大きな成果を上げている事でしょう。そして何より達成感を味わうことができるでしょう。
くじけそうなときは目標を修正しても構いません。
遠回りしても自分の思い描くゴールに近づく歩みを続けましょう。
明日は今日より良い日になりますよう、一歩を踏み出してみてはいかがでしょ

| top | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 次のお言葉 | 59 |